産業医ラウンジは、良質な産業医の育成及び産業医全体の地位向上と、労働者の健康を守るための職場環境改善を啓蒙するために発足された非営利団体です
理事の挨拶


産業医という仕事のおもしろさは、単に病気を診るのではなく、その人の背景や、社会の構造を診るというところにあると思います。

産業医として人を見るとき、「患者さん」という概念はありません。対象となるのは「困っている個人」と「彼らを活かしたいと思う組織」です。
時代が移り変わるにつれ、たとえば、今の20代と10年後の20代とでは、考え方も生き方も違いますし、組織の姿も変化していきます。
その変化に対応するためには、私たち産業医はたゆまず勉強し続けなければなりません。

ですが、これは孤独でつらい試練ではありません。やりがいのある、大変楽しいチャレンジだと私は考えています。
このチャレンジを志の高い産業医の皆さんとともに挑戦できたらと思います。

また産業医がチームとして問題を解決すらための、ともに成長していく時間であり、知識を共有活性化できる空間として、産業医ラウンジをご活用いただければ幸いです。

一般社団法人 産業医ラウンジ 理事長
三宅 琢

PAGETOP